まったりと

ゼロにする

 

何にも追われず、

気持ちを駆り立てず

ゼロにする

 

そういう時間が必要だったのかもしれない。