3つの教え

大谷翔平の父の3つの教えという記事をみた

 

今メジャーに挑戦して、日本と、アメリカの野球ファンを

沸かせている大谷翔平

その大谷が野球をするときに小学校のころから

意識している3つの教えがある。

それは

①大きな声を出して、元気よくプレイする

②キャッチボールを一生懸命に練習する

③一生懸命に走る

 

①は大きな声といっても掛け声などではなく意味のある声

 チームメイトと現状を確認しあい、次のプレーを考える

 そういう、意味のある声をだすこと

 

②一生懸命だとふわっとするが、ただ肩を温めるだけでなく

 狙ったところに投げる、綺麗なスピンを意識する

 

③一生懸命はしることは自分のプレーをみてくれる人に対しての

 表現だと思う。これは自分を魅せるプロになるための

 心を日頃から磨くことになっていると思う

 

全て基本であり、コーチ監督から言われることだが

思考の深さが違う、言われたからやるではたどりつけない

日々の積み重ねが大きい

 

初心忘れるべからずという言葉があるように

小学生で教えられる技術以外の基本的なところに

意味づけし、やり通す。

 

大谷は父親がチームの監督だったので自分を使ってもらうには

他の子よりも圧倒的にうまい必要があるとわかっており

人の何十倍も努力したそう。

 

心、責任感は大事

 

同期に、後輩に自分の背中をみせ、押してもらう。

 

暑い日は野球がしたくなる。