靴ひもと明日の足

こんにちは、ガワです。

 

昨日までは最高に気分がよくなかったのですが、今日は快調です!

理由は明白。

人間の精神、身体は正直だ。多少の無理はきくが、つづかない。

よくなかった時の心、誓いをよいときも忘れない。

これは難しいが、できてこそしんどかったことがいい経験にかわるのだから、

つらかったことを無駄にしないために心に刻もう。

二度と同じようなもの味わわない。

 

毎日なにかを生んでいくということができるか。

好きなことが仕事になるまで頑張る。

 

絶望の中の希望に

きれいごとが通るように

 

人事を尽くして天命を待つのだ。

 

ここで、今日は靴のひもについて書きたいと思います。

 

皆さんは靴のひもをきつく締める派ですか、それともゆるゆる派?

 

私は以前はゆるゆる派でした、なぜならしっかり締めると窮屈で

いいことがないと思っていたからです。

 

しかし、あるときに大きすぎる靴を履いて作業をすることがありました。

そのときの足の痛さや歩きにくさから、これは靴ひもを締めた方が楽なの

ではないかと思い締めるようにしてみると、とても歩きやすくなりました。

 

ですが今日また新しいことに気づいたのです。

 

それは靴ひもを締めすぎると足に血が行かなくなって、足が疲れるということです。

考えればわかることでした笑

 

やりすぎはいけませんね。

やり過ぎないといけないところもあるのですが、

 

難しい、何はともあれ明日から私の足はより楽になるでしょう!