ありきたりの意味

こんにちは!

 

今日は最近私が感じている「ありきたり」について感じたことを書きたいと思います。

 

時期的なものもあって、私は自分の進路や強み、興味のありかなどを考えることが増えてきました。

そこで、考えるときに参考にしようと本を読んだり、ネットで調べたり、話を聞いたりするのですが、そのなかで目新しい考え方にも触れるのですが、

私が感銘をうけるものの多くは、過去にも聞いたことがあるものが多いなと感じます。

例えば、

 

自分の手を動かして初めて学べる、気づける

急がば回れ

人と同じことを同じようにしていても勝てない

 

などですね。これは皆さん一度は聞いたこと口に出したことがあると思います。

このような「ありきたり」のなかに私が探している答え、もしくはその糸口が

存在するのかなとおもっています。

 

「ありきたり」になるということはそもそも多くの人が大切だと感じ、文字に起こし、子供や後輩に伝えているからなので重要であるのは当然ともいえますね。

 

「ありきたり」を軽く見ず、果たして自分とは、どんな人物なのか、まずは自分の強み、心から好きなことを見つけたいです!

 

いい1日を送ります!!